ホーム > T X T > AKITSUマイスター

T X T

どれほど最新の加工設備が整っていようとも、実際にモノをつくるのは、熟練した人の技に他なりません。そのためAKITSUはハード面だけでなくモノづくりのための人材育成にも重点を置き、マシンの持つテクノロジー、そして人の持つテクニックの両面から、より高精度・高品質な仕上がりを今後も追求していきます。

AKITSUマイスター

私たちに加工をご注文いただければ、
どんな難しいモノでもカタチに仕上げます。
マイスターと呼ばれる僕らがいる限り。

僕は子どもの頃からモノづくりに興味がありまして、この仕事に就いたときに
「これは天職だ」と感じました。作業の上でいちばん重視するのは、
図面通りにモノを加工するのはもちろん、ただ単に使えるだけでなく、
作品の見た目までこだわることですね。モノづくりは付加価値が大切だと、
よく先輩たちから教わりましたから。不良品をゼロにするなんて当たり前の話。
どれほど短納期でも品質を落とさず、いいモノだけを確実にお届けする。
それがAKITSUの素晴らしさじゃないでしょうか。いまでも僕は時間があれば
他社の工場見学に行って「この機械はどう動いているのか」などを学んでいます。
そういうのを見ると、モノづくりに関する新しいアイデアも浮かびますし。
つねに勉強して、腕を磨き続けること。それがマイスターの役割だと思います。

AKITSUという会社が好きだから。
そこに大切なお客様や仲間がいる限り、
どんな仕事でも全力を尽くします。

仕事に関しては誰にも負けないっていう自分なりの自信はあるのですが、
もちろん過去には大きな失敗もしたことがありますし、前加工の人たちが長い時間をかけて作ったモノを僕がミスして台無しにするわけにはいかない…という
プレッシャはつねにありますね。とにかく僕はハートの熱い人が多い
この会社が大好きで、会社をもっと大きくすることが将来の夢。
そのために、いま携わっている仕事だけでなく、いずれは工場内のすべての機械を
扱えるようになりたいです。もともと僕はいろんなことに興味を持つタイプ。
もし工場長を任されたら、加工できる材料もさらに増やしていったりと、
どんどん新しいことにチャレンジしていきますよ。

AKITSU製品をひと言で表せば、
お客様との信頼と絆の証し。
それを守るのが僕らの仕事です。

僕はもともとモノづくりが苦手な人間。カッターも使ったことがなくて(笑)。
でも、ご縁があって製造という仕事に携わらせていただくことになったのですが、
最初は毎日が勉強でした。先輩に当時よく言われたのは「頑張って続けろ」と。
それは、もし仕事で失敗しても、もう一度チャレンジしろ、とことん続けろ
という意味なのですが、失敗して心が折れたことは何度もありますよ。
でも、何度もトライし続けているうちに、少しの工夫で加工が上手にできたり…。
その繰り返しが僕を鍛えてくれたんだと思います。いまではプロッターで
立体的な加工もできますし。これからもお客様との信頼を守るために、
どんな難しい加工にも対応していきます。いまでも僕はチャレンジ一筋です。