ホーム > ガスケット > 使用事例

使用事例

硬化によるトラブルを解決

石油プラントの工務担当者様から「大型のエア・フィン・クーラーに使用できるガスケットを探している」とのご依頼をいただきました。他の石油プラントで使用していたノンアスベストジョイントシートが硬化による脆弱化のため使用中に破損し、機器内部に入ってしまったとの事故例があり選定に苦慮されていたのですが、クリンガー社の情報によると石油メジャーではタイプ108が使用されているとのこと。そこでAKITSUはタイプ108を選定したところトラブルが解消され、現在も継続使用いただいています。

フランジの腐食と熱サイクルによる漏れ解消

化学プラントの技術担当者様から「熱サイクルのある腐食性の高い流体でフランジが損傷しているため、ガスケットからの漏れが止まらない」とのご相談をいただきました。AKITSUはクリンガータイプ109カンプロファイルガスケット延伸PTFE貼りを選定。これまでのガスケットでは2ヶ月程度で漏れが始まっていたようですが、1年経過後も漏れることなく使用できるようになったとのこと。熱サイクルに強いカンプロファイルに荒れたフランジ表面を補償する延伸PTFEの組み合わせによって問題を解決することができました。

増し締め可で漏れ防止

製鉄プラントの設備担当者様から「蒸気配管にて漏れがあった際に渦巻きでは増し締め不可なので、増し締め可能なガスケットがほしい」とのお問い合わせをいただきました。AKITSUはクリンガー膨張黒鉛ガスケットPSM-A/Sおよびタイプ109カンプロファイルガスケットを推奨したところ、1年経過後も漏れが発生していないとお喜びいただき、お客様に継続使用いただいています

強アルカリにもジョイントで対応

製紙プラントの設備担当様から「黒液100℃圧力1~2MPa程度で使用可能なガスケット材を探している」とのご相談をいただきました。AKITSUはジョイントシートクリンガシルC4500を推奨。そして試験後、数年の耐用実績が認められ、現在も継続してご使用いただいています。

急激な昇温・冷却による漏れを解決

化学プラントの設備担当者様から「年2回稼動している急激な温度上昇・下降のある熱交換器において、何度もガスケットを換えたが2回稼動すると漏れる」とのご相談を承りました。お客様より現状のヒアリングを行った結果、AKITSUはタイプ109カンプロファイルガスケットが適切であると判断し、交換を推奨しました。その結果、三回稼動後も漏れが発生することなくご使用いただいています。